ヒッカ@エレのくだらない何か

ヒッカ@エレが小説とか色々置く場所です

Metal Singerのデビューの日

「・・・」

 

此処はとある町のプリパラ。

多くのプリパラアイドル達の待ち合わせ場所となっている噴水に座り込んで、紫髪のアイドル、星浜 仁夜・・・

ぱにょは、険しい顔で貰ったトモチケを眺めていた。

 

「あのクソガキ・・・」

 

何故ぱにょがこんなに不機嫌なのかというと、先程彼の言うクソガキ・・・

そーしに、無理矢理トモチケを押し付けられたからである。

 

「ほんっと傍迷惑な奴だにゃ!幾らこれからチームを組む予定だからって!最後の1人すら決まってないのによくも偉そうに・・・」

 

ぱにょそーしは、自他共に認める程滅茶苦茶仲が悪い。

それなのに何の因果か一緒にチームを組む事になり、2人共不機嫌気味なのである。

一応ベリリウムイットリウムを含めた5人チームなのだが、最後の1人が決まっていない為ぱにょ以外の3人はプリパラ内を駆け回って最後の1人に相応しい人物を捜しているのだ。

じゃあぱにょは何してんだと思うだろう。

彼も彼で忙しいのである。

 

「ごっめ~ん!遅れちゃった、マジで!」

「いや、大丈夫だにゃ。」

 

そう言いながら彼に駆け寄ってきたのは、彼のパートナーであるメタトン

今のところ、女子だらけのプリパラでぱにょが唯一素肌に触れる事の出来る人物である。

それは2人がパートナーだからとか、そんな理由ではない。

メタトンは機械の体を持っている。

プリパラ内でも体が機械なのは変わらないようで、もし万が一女性の素肌に触れよう物ならすぐに青褪め全身に鳥肌を立たせて卒倒する程女性に触れる・触れられる事を好まないぱにょでも触る事が出来るのだ。

本当に、プリパラアイドルとして致命的な体質である。

・・・まあ、正直どうでもいいんだけど。

ぱにょメタトンは、2人で組んでいるチーム、Metal Singerのデビューライブをとびきり派手な物にしようと今まで計画を立てていた。

そして、今日がデビューライブの日である。

 

「・・・まあ、いつまでも不機嫌じゃいられないにゃ。あのクソガキが余りの眩しさに倒れる程のライブしてやるにゃ!」

「例えはともかく、頑張ろうね!マジで!」

 

2人はプリパラTVの方へ走っていった。

その光景を、‘誰か’が見ていたとも知らずに。

プリパラ

「Metal Singer・・・!新しい新生チームの登場だね、アリハ!」

「意味が重複していますよ、リラ。まあ、アイドルチームが増える事は私達にとっても喜ばしい事です。」

「司令も喜ぶかな?」

「えぇ、きっと喜ぶでしょうね。」

 「王子様?そいつはリラじゃないよ?」

そんな会話をしているのは、プリパラとアリハという2人のアイドル。

プリパラというのは茶髪の少女の名前である。

彼女の言う司令・・・

ミヤが、「いずれプリパラの中心となってくれるように」という意味を込めてプリパラと名付け生み出したボーカルドールだ。

とはいえそのまま過ぎるので、ファンやアリハ達からリラと呼ばれている。

アリハは・・・

とある国の王子、らしい。

 

「最近2人でライブする人、増えてきたよね。私達も・・・2人で、やる?あの時みたいにさ。」

「あの時のように、ですか・・・」

 「違う、あの時この人と踊ったのはあんたじゃない!」

2人は、過去に2人で0-week-oldを踊った事がある。

ある時バグか何かでプリパラが目の光を失い無感情になった・・・

プリパリのファルルで言うところの、‘おねむ’の状態になってしまい、彼女を目覚めさせる前にアリハが彼女と一緒に0-week-oldを踊ったのだ。

結果プリパラは無事に目覚める事が出来た。

 

「機会があれば。」

「やったー!忘れないでね、アリハ!」

「どうして?どうしてあんた達2人共気付かないの?」 

プリパラは、スキップしながらプリパラTVを出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私が・・・私が、リラなのに・・・!」

いつもの。 -Fell、Nega、Mafia-

暑い、暑い。

Hotlandは暑過ぎる。

こんなに暑いとSnowdinにでも行きたくなる。

いや、でも行ったら行ったでHotlandの暑さが恋しくなってくるのか・・・

 

そんな事を考えながら、彼・・・

UnderfellのMettaton・・・

Fellは、パソコンの画面を眺めていた。

よし、と呟くと、座っていたキャスター付きの椅子を一気に後ろの壁まで勢いよく滑らせる。

そして、パソコンの後ろの壁にかかった大きなモニターを眺めた。

そのモニターでは先程まで作っていた、自分の曲のPVが流れている。

3分程だろうか。

PVと曲が終わると、彼はまたキャスターを滑らせて元の位置に戻る。

 

「・・・そろそろ、時間かな。」

 

彼は、2階へ上がる階段の裏へ隠された‘それ’に目を向け、そう呟いた。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「・・・はぁ。」

 

世界は変わって、Negatale。

この世界のMettaton・・・

Negaは、いつものように溜息を吐いていた。

 

あぁ、ショーとか出たくない。

 

彼は、自分の箱の姿を嫌っている。

・・・いや、嫌っている、というか。

動きにくいからなりたくない、というか。

・・・なりたくないという事は嫌っているんだろう。

 

「・・・仕方ない、行こう」

 

彼は重い腰を上げて、自身の背中に手を伸ばす。

そしてスイッチを切り替え箱の姿になると、ゆっくりとLabから出ていった。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「あぁ、暇だなー。」

 

またまた舞台は変わりMafiatale。

Undermafia、とも呼ばれている。

まあそんな事はどうでもよくて。

この世界のMettaton・・・

Mafiaは、暇を持て余していた。

抗争も落ち着いてしまい、やる事が無いようだ。

 

「こんな暇な時には、やっぱり~・・・皆の処に行かないとね!」

 

彼は意気揚々と、何処かへ去っていった。

彼が何処へ行くのかは・・・

まあ、Prologueを読めば何となく解るだろう←

そーしの想い、タブリーンの誓い

『~♪』

プリパラTVにあるレッスン室。

其処にはどの部屋にも共通で大きなテレビがある。

レッスンの休憩中に何気なく点けたテレビからは、昨日行われたばかりのライブが放送されていた。

紫京院ひびきとレオナ・ウェスト。

真逆に見える・・・

というか実際真逆な2人だが、仲は良いようだ。

「あ、それ・・・ひびきトれおなのらいぶ、デス。」

タブリーンはそう言い、

「ふたりとも、なかよし、デス」

と微笑んだ。

「確かにね。仲いいっていい事だと思う。

俺達もこんな風になれたらいいね、と言うと、彼女は驚いたような目でこちらを見た。

「こんなふう、もナニも・・・ワタシとそーし、もう、じゅうぶん、なかよし、デス」

「・・・まあ、ね」

それにしても、タブリーン少し話すのが上手くなった気がする。

まあ、そんな事はどうでもいいんだけど。

そうだ、休憩ついでに思い出してみよう。

タブリーンの、出会いの事を。

 

--------------------------------------------------------------

「・・・プリパラチェンジ、完了」

プリチケをスキャンし、女性の姿になる。

どうしてこの世界ではこんなに技術が発展しているのか・・・

そう思った矢先、こちらを見ている人影に気が付いた。

薄い茶色の髪をシニヨンのようにして纏め、オレンジの衣装を着た女の子。

その少女はこっちに近付いてきた。

「アナタが、そーし、ですか?」

「そうだけど・・・君は?」

「わたし、ハ、たぶりーん。たんばりんノ、にゅむぱデス。」

「ニュムパ・・・?」

その機械的な話し方を聞いた俺はまず変な子だな、と思った。

けれど、彼女は神秘的な雰囲気を纏っていて。

俺は不思議と、その少女の話に耳を傾けていた。

 

聞いた話を要約すると、彼女は音精、という楽器を擬人化した存在らしい。

彼女はタンバリンの音精だそうだ。

俺の知り合いの仕事仲間、らしい。

 「それで、おねがい、ガ、あって」

「お願い?」

「わたし、ト、ちーむ、くんでもらえ、マスか?」

「チーム?」

「ハイ」

一瞬迷った、けど。

「・・・うん。俺で良ければ」

何だか嬉しくて、了承してしまった。

 

タンバリンの音精である、タブリーン

チューバ奏者である俺、そーし

2人の楽器を合わせて、チーム名は・・・

Ta.Tu。

--------------------------------------------------------------

数日後。

俺は、タブリーンと一緒にプリパラの舞台裏に立っていた。

「そーし・・・がんばり、マショウ?」

「そうだね。俺等の本当の実力、Twilight-Veerの奴等に見せてあげよう」

 

「「アイドルタイム、カウントダウン!」」

 


タブリーンとそーしのロゼットデュオライブ!【プリパラプレイ動画】

Prologue

此処はUnderfellの世界のHotlandにある、とある建物である。

Labのすぐ近くに存在するこの建物は、Mettatonが番組を撮影する場所のような・・・

しかしその一方で、普通の家に存在するような、生活感溢れる部屋が1つだけ存在する。

そしてMettatonは、1日の半分以上を此処で過ごす事が多くなってきていた。

何故かというと・・・

 

「OHHHHH YEEEEEES!!!元気だったかい、Fell!」

「皆昨日振りー!Negaお兄様も!」

「・・・うん。昨日振り、My Sister。」

「Fell!会いたかったよ!」

「Fellに飛びかかろうとしないでください・・・ていうか飛びかかったところで衝撃が大きいの貴方ですよ?」

「まあ、Shift君らしくていいじゃないか!」

「BEAUTY、元気そうで何よりだよ!」

「・・・昨日会ッタバかりだけどね」

 

此奴等が来るからである。

 

f:id:hikkaereagon:20170726213958j:plain

METTATONs!!! 設定

※キャラ崩壊注意!!!!(特にMafiaとShift)

 

 

Tale(テール)

作品:UNDERTALE

 

AUのMettaton達をUnderfellの世界に集合させた張本人。

当初はバッテリーの問題で箱型でいる事が多かったが、Alphysの改良でバッテリーが長時間持つようになった為EX状態でいる事が多くなった。

基本的に世界の名前から取ってTaleと呼ばれる事が多いが、Originalとも呼ばれる。

 

 

Dance(ダンス)

作品:Dancetale

 

いつも踊っている。

ダンスといっても色々種類があるが、彼が得意とするのはジャズとヒップホップ。

BEAUTYと仲がいい。

 

 

Lust(ラスト)

作品:Underlust

 

真面目な性格をしている。

自分の居る世界で何かあったらしいがそれを話そうとしない。

皆には常に敬語で接している。

 

 

Fell(フェル)

作品:Underfell

 

Alphysに虐待されている。

その為気弱な性格をしていると思われがちだが、ツッコミ役である。

かなりの苦労人でもあり、凄く稀にキレる。

 

 

Mafia(マフィア)

作品:Mafiatale(Undermafia)

 

元居た世界ではマフィア。

一応ロボット・・・かな?

ピンクのモフモフは人格維持装置的な物であり、取れたり破けたり壊れたりするとなんか気弱な性格になる。

どっちが素なのかは不明。

 

 

Shift(シフト)

作品:Storyshift

 

Fellは左派な腐男子

本名はMettacritで普通のGhostだったが、ある日発見した人間の死体に憑依してこの姿になった。

 

 

Negative(ネガティブ)

作品:Negativetale

 

通称「聖女」。

Negaの事を「Negaお兄様」と呼び慕っている。

最も女の子っぽい外見をしているが性別不明。

 

 

Nega(ネガ)

作品:Negatale

 

Negativeの兄的存在。

凄くネガティブ。

妹(?)と名前を交換した方が良いのではないかと皆から思われる位にはネガティブ。

 

 

BEAUTY(ビューティー)

作品:HELP_tale

 

色んな世界のMettaton達が集まったAmalgamate。

BEAUTYのようなAmalgamate(Sanstrocity等)はItと呼ばれる。

Mettatonの集合体とはいえその意識は1人の物として完成されており、他のItとは違い普通に喋れる。

Danceと仲がいい。

チーム名:未定 設定資料集

※此処に載せているマイキャラちゃんは今のところ非公開のマイキャラちゃんですので、暫く画像無しになります

チーム名が決まり次第修正します

 

 

ベリリア・シエンス Beryllia Ciens

 

プリパラネーム:ベリリウム

 

f:id:hikkaereagon:20170803205721j:plain

 

デフォルトコーデ:ベースボールゴールドゲームコーデ

チャーム:ポップ

 

プランスから留学してきた、科学者を目指す高校生。

その科学への情熱は凄まじく、自身のプリチケに自分のプリパラネームの元となったベリリウムの原子量を書く程。

しかしその一方でとても運動神経が良く運動が好きという一面もある。

所謂細マッチョと呼ばれる部類である。

好きなブランドはNeon Drop

イットリウムの兄。

 

 

イティーリア・シエンス Ityllia Ciens

 

プリパラネーム:イットリウム

 

f:id:hikkaereagon:20170803210011j:plain

 

デフォルトコーデ:ひょうがらビビッドコーデ

チャーム:ナチュラ

 

プランスから留学してきた。

ベリリウムの妹。

動物が好きで、獣医になろうとしている。

兄の事を頭がおかしいと評するが、嫌っている訳ではなく寧ろ兄妹仲は良好な様子。

好きなブランドはSunny Zoo。

同じナチュラルブランドのCoco Flowerを着ているらっかを慕っている。

 

 

星浜 仁夜 Hoshihama Niyo

 

プリパラネーム:ぱにょ

 

f:id:hikkaereagon:20170923232202j:plain

デフォルトコーデ:レーシーレディサファイアコーデ(になるかも)

チャーム:クール(になる・・・多分)

 

ホシパマ村という村の、村長の息子。

髪の毛が長い為、たまに女性と間違われる。

自身の生まれ故郷であるホシパマ村を心から愛しており、プリパラでの名前に村の名前を取り入れる程愛している。

(ぱにょ「でも正直村長の息子っていう字面は好きじゃないにゃ」)

仁夜、という名前はとある理由から気に入っていない様子。

プリパラ内では女性の姿をしているにも関わらず、女性に触る、又は触られる事を好まない。

 

 

※この先版権キャラ注意!

 

ミド・ラナ Mido Rana

 

元作品:Yandere Simulator

(エイプリルフールの企画で作られたキャラクターの為本編未登場)

 

プリパラネーム:ミド

 

f:id:hikkaereagon:20170803210106j:plain

 

デフォルトコーデ:ラブデビトランクコーデ

チャーム:クール

 

Academi High Schoolという学校の教師。

教師とはいっても非常勤、だと思われる。

とある1人の生徒にお熱・・・

と見せかけつつ、実は恋愛感情は抱いていなかったりする。

 

 

Mettaton

 

元作品:Priparafell

(UNDERTALEの派生作品であるUnderfellを更に派生させた自AUです。)

 

プリパラネーム:メタトン

 f:id:hikkaereagon:20170923232045j:plain

デフォルトコーデ:くれないのつばさコーデ(になるかも)

チャーム:プレミアム(になるかもしれない)

 

何故か地下世界に出来たプリパラで孤軍奮闘している。

とあるモンスターの博士に作られたロボット。

プリパラの中に入ると、「明るくありたい」という彼の内に秘めた願望が姿を出し、語尾が「マジで!」の明るいキャラになる。

それはキャラ作りという訳ではなく、プリパラに入った事によって彼の意識とは関係無しにそういう口調になってしまう。(ちりのような感じ)

因みにチャームがプレミアム(の予定)なのは、彼の内に秘めた願望と彼の潜在意識が混ざり合って、システムが最適なチャームを認識出来なかった為。

オールマイティなRosette Jewelが好き。