ヒッカ@エレのくだらない何か

ヒッカ@エレが小説とか色々置く場所です

彼女は確かに存在していた

そーしside

 

彼女は少しして落ち着く(少なくとも俺にはそんな風に見えた)と、呆れたような表情で言った。

 

「プリパラに用があるんだね。もう寝ちゃってるけど、さ。」

「ぱにょ。・・・なんて言ってる?」

「えっと・・・「プリパラに用があるんだね。もう寝てるけど」って言ってるにゃ」

 

ぱにょがそう言うと、彼女はまた目を見開く。

 

「・・・え?」

「お~、解りやすく動揺してる。」

「えっと・・・取り敢えず、私が彼女がなんて言ってるか言うから、彼女が今どういう様子か教えてほしいにゃ。」

「解った。取り敢えず俺が話し掛けてみる。」

「ちょっと待って、どういう・・・」

「えっと・・・なんて呼べばいいのかな。取り敢えず・・・」

 

俺は彼女に近付くと、彼女の手を取・・・

ろうとした。

でも物理的にもその体は透けているらしくて、俺の手は空を切った。

 

「触れない、か・・・」

「貴方もしかして・・・私の事、視えてるの?」

「えっと・・・「私の事視えてるの?」って言ってるにゃ」

「バッチリ視えてるよ、声は聞こえてないけど。聞こえてたら此奴呼んでないし」

「・・・もしかして、私に用があるの?」

「私に用があるのか、だって」

「うん。単刀直入に言うと、俺達は今5人チームを結成しようとしてるんだ。でも最後の1人が中々見つからなくて・・・君に入ってほしい。そっちのボーカルドールじゃなくて、君に。」

「私に・・・?でも、私の体は恐らく誰にも確認されてない。システムでさえも・・・どうやって私を実体化させるつもり?」

「・・・「システムでさえも自分の存在を確認出来てないのに、どうやって私を実体化させるつもり?」」

「簡単だよ。君に関する、強い願いがあればいいんだ。君、本当は自分の存在を皆に認知してほしいって思ってるでしょ?」

「・・・思ってる。思ってるに決まってるでしょ、そんなの!私はリラだ!決してこんな何の苦労も知らないようなボーカルドールじゃない!」

「そう思ってる、みたいだにゃ。」

「ふふ、でしょ?そうだと思ってたんだ。そして俺は、君みたいなアイドルを必要としている。君みたいに、中に大きな闇を抱えたアイドルをね。ねえ、心の中で強く願ってみて。「私はまだ、此処に存在していたい」ってさ。」

 

彼女は少し迷ったような素振りを見せた後、口を開いた。

いや、俺には何言ってるのか解らないんだけどさ。

 

「貴方の言う通りにすれば、私はリラとして存在出来るの?」

「「貴方の言う通りにすれば私は存在出来るの?」」

「当然。」

 

彼女は少し動きを止めた後、覚悟を決めた、とでも言うかのように胸に手を当てた。

 

「解った。私は・・・私は・・・」

 

彼女は少し俯き、その後叫ぶかのように顔を上げる。

 

「私はまだ此処に存在していたい!」

 

その声は、俺にもよく聞こえた。

透き通った、綺麗な声だった。

 

「・・・!私、本当に・・・!」

「ふふ、ね?俺の言う通りにして良かったでしょ?」

「有難う。えっと・・・私はリラ。黄泉月リラ。」

「颯司だよ。改めて・・・ようこそ、俺のチームへ。リラ、これから宜しくね。」

気付いた2人は何をした?

レッスン中に色々あったものの私服ライブを何とか成功させたそーしは、プリパラの噴水の前に居た。

最早待ち合わせでは定番である。

しかし、もうすぐ日没。

プリパラの閉館時間が迫っている事もあり、此処に居る人間はそーしだけになっていた。

 

「・・・まだ?」

 

そーしがそう呟いた瞬間、彼の背後から走ってくるような足音が聞こえた。

そーしが後ろを向くと走ってきていたのは、彼の・・・

一応チームメイトである、ぱにょ

そーしぱにょは待ち合わせをしていたのだ。

 

「・・・遅い。庶民の分際で俺を待たせるなんて、ほんっといい度胸してるね」

「そっちこそ、クソガキの分際で年上に対してそんな上から目線で接する事が出来るの、もう怒りとか呆れを通り越して尊敬するにゃ」

 

そーしぱにょは仲が悪い。

だからいつも喧嘩ばかりしているのだ。

 

「全く、それで何の用にゃし?もうすぐ閉館時間だし、なるべく手短に終わらせてほしいにゃ」

「それに関しては問題ないよ。ミヤに頼んで俺達だけ時間伸ばしてもらってるから」

「・・・それ程深刻な話にゃし?」

「取り敢えず、こっち来て」

 

そーしぱにょから少し離れて手招きすると、そのままプリパラTVの方へ歩いていった。

ぱにょも慌てて後を追う。

プリパラTVの前に着いても、そーしはまだ歩き続けた。

プリパラTVの奥の、森の方へ。

 

「そっちって、確かあのボーカルドール・・・名前忘れたにゃ・・・」

「プリパラ。」

「そうそう、プリパラの家の方じゃ・・・何か用があるにゃし?」

「うん・・・プリパラじゃない方にね。」

「・・・え」

 

ぱにょは一瞬驚いたような表情をした後、こう言った。

 

「まさか・・・そーしにも、聞こえてるにゃし?」

「へぇ、ぱにょには聞こえてるんだ。」

「・・・視えてる?私がどれだけ目を凝らしても見えなかったあの声の正体が、そーしには視えてるにゃしぃ?」

「寧ろ、俺がどれだけ耳を澄ませても声を聞く事の出来なかったあの少女の声が、お前には聞こえてるんでしょ?」

「・・・そっか。だから私を」

 

ぱにょがそう言った瞬間、そーしは歩みを止めた。

2人の前には、まあそれなりに大きな家があった。

 

(コンコン)

 

そーしはノックをするが、誰も出ない。

もう1度強めにノックをしても、出なかった。

 

「・・・寝てるみたいだね。なら好都合」

「ちょっ・・・まさか、押し入るつもりじゃ・・・」

 

そーしはドアノブを回す。

すると、家のドアはいとも容易く開いた。

 

「お邪魔しまーす」

「うえぇ、外だったら絶対不法侵入で捕まってるにゃ・・・」

「家に鍵が無いのが悪い。ミヤも誰も出なかったら勝手に入っていいって言ってたし」

 

そーしは構わず近くの階段で2階に上がっていく。

ぱにょはドアをこっそりと閉め、それに続いた。

 

・・・少し歩き、そーしはドアに‘Pripara's Room’と書かれたプレートのかけられた部屋を見つけた。

 

「此処に居るかな・・・?」

「1回ノックしてみたらいいと思うにゃ。」

「っつって、プリパラの方が出たら気まずいでしょ・・・」

 

そーしはそう言うと少し悩んだ後、開けた。

お構いなしに。

そのドアを。

 

「ちょっ・・・!」

「ほーら、やっぱり居た。」

 

部屋では、1人のボーカルドールが寝ていた。

少なくとも、ぱにょにはそういう風に見えていた。

しかし、そーしには視えた。

ベッドで気持ち良さそうに眠っている、ボーカルドールの少女。

そして、2人の方を見て目を見開いている、彼女にそっくりな・・・

 

体の透けた少女の姿が。

 

「・・・誰?」

彼女は見ている

「嘘!?ぱにょ、また倒れたの!?」

 

こんにちは、私はイットリウム

今アイドルウォッチを通して、私のチームメイト・・・

そーしの話を聞いています。

 

『うん。レッスン中に・・・実は、今度のライブでやるダンスに大きく腕を振る感じの振付があって。ポジションが近過ぎたんだろうね・・・腕がのりに当たって、そのまま過呼吸起こしてぶっ倒れた。』

「大丈夫なの?その・・・接触時間、とか・・・」

『本当にちょっとだけだったから、それは大丈夫だと思う。ただ・・・もしかしたら、検査で入院する事になるかもしれないって、ベリは言ってた。』

「そっか・・・えっと、どうなるか決まったらまた教えてくれない?入院するならするで、お見舞いとか行きたいし・・・」

『解った。じゃあね。』

 

そう言って、通話は切られた。

私のチームメイト、ぱにょは女性恐怖症。

普通に話したりする事は出来るんだけど、物理的な接触をすると体調が悪くなって倒れるんだ。

 

「えっと・・・お兄ちゃんに詳しく聞いた方がいいかな?でも何処に居るんだろう・・・」

「プリパラTVに居るよ。」

「うん、プリパラTVに居るよね・・・」

「・・・!」

「ってあれ?何で私そんな事解ったんだろう?まあいいや、プリパラTVに行ってみよう!」

 

「気付いた・・・?」

思い出のドレス

学校終わり。

有之 無子は、いつものようにプリパラへ行こうとしていた。

プリチケをスキャンし、プリパラの中に入る。

自分を待っているであろうチームメイトの処に行こうとすると、誰かに声を掛けられた。

 

「無子。少しいいかしら?」

「ん?・・・あぁ、千ちゃん、どうしたの?」

 

なこを呼び止めたのは、なこの所属チームであるRare Fallenのプロデューサーである霧鳥 千。

曰く、彼女は別の世界から来たのだという。

 

「いえ、実は・・・貴方に着てほしいコーデがあるの。」

「私に?いいけれど・・・ブランドは?」

「ブランドは・・・Prism Stone、になるのかしら?」

「Prism Stone?ならもっと適任が居るんじゃないの?そーしとか、メルレちゃんとか」

「確かにブランドだけで言えばそうかもしれないけれど・・・でも、これはどうしても無子に着てほしい。」

 

そう言って千がなこに渡したのは、3枚のプリチケ。

ワンピースとシューズとヘアアクセの組み合わせだ。

全体的にピンク色で、あちらこちらにリボンが付いており、スカートにあたる部分には虹色の装飾が付いている。

 

「ああ・・・確かにこれは納得だわ。名前は・・・プリズムリンクメモリアルドレス?」

「えぇ。私にとって、とても思い出深い・・・大切なドレス。それを貴方に着てライブしてほしいの。私じゃ、‘あれ’以外で満足なショーは出来ないから」

「・・・本当にいいの?」

「いいわ。私の元でずっと隠れているより、誰かに着てもらった方が本望でしょうから。」

 

そう言った千の顔は、何処か悲しげに見えた。

 

「・・・千ちゃん。大丈夫?」

「え?あぁ、大丈夫よ!とにかく、そんな訳だから宜しくね!」

 

そう言って、千は走っていった。

 

「そういえば、ファージャさんと話す事があるとか言ってたっけ・・・」

 

なこはプリチケをトランクの中へ仕舞うと、チームメイトの処へ向かっていった。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

チームのいつもの集合場所となっている、噴水の前。

其処になこは立っていた。

・・・のだが。

 

「そうだ・・・今日2人共用事で来れないんだった・・・」

 

チームのリーダーである姫城 希咲は、企業パーティに親と共に同行。

もう1人のチームメイトである高所 落下は、委員会で閉園までに終わるか解らないそうだ。

 

「今日のライブどうすんのよ~・・・」

 

なこが途方に暮れていると、遠くから自分を呼ぶ声が聞こえた。

 

「あー!なこさーーーーーーーん!!!」

「・・・この大声は」

 

なこが声のした方を向くと、薄紫色の大きなツインテールの少女が走ってくるのが見えた。

 

「・・・らぁら」

 

彼女は真中らぁら。

パラ宿の神アイドル、SoLaMi❤SMILEの1員。

 

「どうしたんですか?そんな顔して・・・」

「希咲も落下さんも、用事でプリパラに来れないのよ・・・今日のライブどうしようかな、って」

「そっか、此処のプリパラはアイドルタイムシステムが導入されてないんでしたね。」

「えぇ。アイドルウォッチだけ支給されてるけど、やろうと思えばいつでもライブが出来る状態よ。というか、何でらぁらがこんな処に?パパラ宿でプリパラ盛り上げてるんじゃなかったの?」

「実は、パパラ宿のプリパラを宣伝する為に各地を走り回っているんです。」

「夏休みなのに?は~・・・お疲れ様。それで此処まで来たと。」

「はい!ゆいも一緒なんですよ!」

「・・・私の目にはらぁらしか見えないけど?」

「あ、ゆいは今別の処に行ってます。Fantasy Timeのコーデを着た人が居たとかで、そっちの方に走っていっちゃって・・・」

「Fantasy Timeのコーデ・・・となると、のりちゃんかしら。4月に入ってからまた新しくアイドルが増えたのよ。」

「やっぱり此処のプリパラも順調に盛り上がってるんですね・・・あ、そうだ!それなら私と一緒にライブしませんか!?」

「え、いいの?それならお願いしようかしら。丁度着てほしいって頼まれたコーデがあるの。」

 

そう言って、なこはトランクから先程千に貰った3枚のプリチケを取り出した。

 

「わあ~、可愛い~!プリズムリンクメモリアルドレス・・・あれ?このコーデ、何処かで見た事があるような・・・?」

「え?このコーデを知ってるの?」

「う~ん、見た事ある気がするんだけど・・・でもやっぱり思い出せない・・・因みに、誰から頼まれたんですか?」

「千よ。」

「せんさん・・・何か関係があるのかなぁ。そういえば、私が最初にせんさんを見た時も、何処かで会った事があるような気がしたんです。」

「もしかしたら、何処かで会った事があるのかもしれないね。」

「「うわっ!?」」

 

突然声を掛けられ、2人が声のした方を向くと、其処には黄色の髪に黒いコーデを纏った少女が立っていた。

 

「あぁ、御免ね。驚かせるつもりは無かったんだ。」

「えっと・・・貴方は?」

「・・・ひじり。4月からデビューしたアイドルの1人。」

「パラ宿のらぁらちゃん、だよね?宜しく。」

「あ、はい、宜しくお願いします!」

「それで、どういう意味?らぁらと千が何処かで会った事があるのかもしれない、って・・・」

「・・・プリズムの煌めき。」

「「え?」」

「過去に、プリズムの煌めきが・・・2人を導いてくれたんだろうね。」

「・・・何を言っているの?」

「折角だし、そのライブ。僕も一緒に出てもいいかい?」

「・・・私は構わないけれど。」

「私もいいですよ!もしかしたら、2人と一緒にステージに立てば、何か思い出せるかもしれませんし・・・」

「決まりだね。じゃあ、早速行こうか。」

 

3人は、プリパラTVへと向かっていった。

 

「彼女・・・覚えていたのか」

 

ひじりが呟いた言葉は、誰の耳にも入る事なく虚空へ消えていった。

Metal Singerのデビューの日

「・・・」

 

此処はとある町のプリパラ。

多くのプリパラアイドル達の待ち合わせ場所となっている噴水に座り込んで、紫髪のアイドル、星浜 仁夜・・・

ぱにょは、険しい顔で貰ったトモチケを眺めていた。

 

「あのクソガキ・・・」

 

何故ぱにょがこんなに不機嫌なのかというと、先程彼の言うクソガキ・・・

そーしに、無理矢理トモチケを押し付けられたからである。

 

「ほんっと傍迷惑な奴だにゃ!幾らこれからチームを組む予定だからって!最後の1人すら決まってないのによくも偉そうに・・・」

 

ぱにょそーしは、自他共に認める程滅茶苦茶仲が悪い。

それなのに何の因果か一緒にチームを組む事になり、2人共不機嫌気味なのである。

一応ベリリウムイットリウムを含めた5人チームなのだが、最後の1人が決まっていない為ぱにょ以外の3人はプリパラ内を駆け回って最後の1人に相応しい人物を捜しているのだ。

じゃあぱにょは何してんだと思うだろう。

彼も彼で忙しいのである。

 

「ごっめ~ん!遅れちゃった、マジで!」

「いや、大丈夫だにゃ。」

 

そう言いながら彼に駆け寄ってきたのは、彼のパートナーであるメタトン

今のところ、女子だらけのプリパラでぱにょが唯一素肌に触れる事の出来る人物である。

それは2人がパートナーだからとか、そんな理由ではない。

メタトンは機械の体を持っている。

プリパラ内でも体が機械なのは変わらないようで、もし万が一女性の素肌に触れよう物ならすぐに青褪め全身に鳥肌を立たせて卒倒する程女性に触れる・触れられる事を好まないぱにょでも触る事が出来るのだ。

本当に、プリパラアイドルとして致命的な体質である。

・・・まあ、正直どうでもいいんだけど。

ぱにょメタトンは、2人で組んでいるチーム、Metal Singerのデビューライブをとびきり派手な物にしようと今まで計画を立てていた。

そして、今日がデビューライブの日である。

 

「・・・まあ、いつまでも不機嫌じゃいられないにゃ。あのクソガキが余りの眩しさに倒れる程のライブしてやるにゃ!」

「例えはともかく、頑張ろうね!マジで!」

 

2人はプリパラTVの方へ走っていった。

その光景を、‘誰か’が見ていたとも知らずに。

プリパラ

「Metal Singer・・・!新しい新生チームの登場だね、アリハ!」

「意味が重複していますよ、リラ。まあ、アイドルチームが増える事は私達にとっても喜ばしい事です。」

「司令も喜ぶかな?」

「えぇ、きっと喜ぶでしょうね。」

 「王子様?そいつはリラじゃないよ?」

そんな会話をしているのは、プリパラとアリハという2人のアイドル。

プリパラというのは茶髪の少女の名前である。

彼女の言う司令・・・

ミヤが、「いずれプリパラの中心となってくれるように」という意味を込めてプリパラと名付け生み出したボーカルドールだ。

とはいえそのまま過ぎるので、ファンやアリハ達からリラと呼ばれている。

アリハは・・・

とある国の王子、らしい。

 

「最近2人でライブする人、増えてきたよね。私達も・・・2人で、やる?あの時みたいにさ。」

「あの時のように、ですか・・・」

 「違う、あの時この人と踊ったのはあんたじゃない!」

2人は、過去に2人で0-week-oldを踊った事がある。

ある時バグか何かでプリパラが目の光を失い無感情になった・・・

プリパリのファルルで言うところの、‘おねむ’の状態になってしまい、彼女を目覚めさせる前にアリハが彼女と一緒に0-week-oldを踊ったのだ。

結果プリパラは無事に目覚める事が出来た。

 

「機会があれば。」

「やったー!忘れないでね、アリハ!」

「どうして?どうしてあんた達2人共気付かないの?」 

プリパラは、スキップしながらプリパラTVを出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私が・・・私が、リラなのに・・・!」

いつもの。 -Fell、Nega、Mafia-

暑い、暑い。

Hotlandは暑過ぎる。

こんなに暑いとSnowdinにでも行きたくなる。

いや、でも行ったら行ったでHotlandの暑さが恋しくなってくるのか・・・

 

そんな事を考えながら、彼・・・

UnderfellのMettaton・・・

Fellは、パソコンの画面を眺めていた。

よし、と呟くと、座っていたキャスター付きの椅子を一気に後ろの壁まで勢いよく滑らせる。

そして、パソコンの後ろの壁にかかった大きなモニターを眺めた。

そのモニターでは先程まで作っていた、自分の曲のPVが流れている。

3分程だろうか。

PVと曲が終わると、彼はまたキャスターを滑らせて元の位置に戻る。

 

「・・・そろそろ、時間かな。」

 

彼は、2階へ上がる階段の裏へ隠された‘それ’に目を向け、そう呟いた。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「・・・はぁ。」

 

世界は変わって、Negatale。

この世界のMettaton・・・

Negaは、いつものように溜息を吐いていた。

 

あぁ、ショーとか出たくない。

 

彼は、自分の箱の姿を嫌っている。

・・・いや、嫌っている、というか。

動きにくいからなりたくない、というか。

・・・なりたくないという事は嫌っているんだろう。

 

「・・・仕方ない、行こう」

 

彼は重い腰を上げて、自身の背中に手を伸ばす。

そしてスイッチを切り替え箱の姿になると、ゆっくりとLabから出ていった。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「あぁ、暇だなー。」

 

またまた舞台は変わりMafiatale。

Undermafia、とも呼ばれている。

まあそんな事はどうでもよくて。

この世界のMettaton・・・

Mafiaは、暇を持て余していた。

抗争も落ち着いてしまい、やる事が無いようだ。

 

「こんな暇な時には、やっぱり~・・・皆の処に行かないとね!」

 

彼は意気揚々と、何処かへ去っていった。

彼が何処へ行くのかは・・・

まあ、Prologueを読めば何となく解るだろう←